阪急阪神エクスプレス、成田を含む東日本地区3カ所の通関拠点を統合 | FlyTeam ニュース

阪急阪神エクスプレス、成田を含む東日本地区3カ所の通関拠点を統合

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

阪急阪神エクスプレスは2019年2月8日(金)、東日本地区3カ所の通関拠点を千葉県習志野市の新拠点に統合すると発表しました。

この統合は、通関業法改正と輸出入申告官署自由化のメリットを最大化する施策として実施されます。統合される施設は成田空港近くの成田第二通関センター、東京都品川区の京浜通関センター、神奈川県横浜市の京浜通関センターの3拠点です。千葉県習志野市の京成津田沼駅前に所在する新拠点に、一部の管理部門も含め130名ほどが移動します。

新拠点での業務開始は2月12日(火)で、各通関部署名は4月1日(月)付の新年度組織改編に合わせて変更しますが、2018年度内は引き続き現部署名を使用します。なお、阪急阪神エクスプレスでは2019年度に、西日本地区の通関拠点の統合も予定しています。

期日: 2019/02/12から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加