ANA、4月以降の国際線旅客燃油サーチャージ 4段階値下げ | FlyTeam ニュース

ANA、4月以降の国際線旅客燃油サーチャージ 4段階値下げ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

全日空(ANA)は2019年4月1日(月)発券分から、国際線旅客の燃油サーチャージ額を値下げします。2018年12月から2019年1月まで、航空燃料市況の平均価格が1バレルあたり71.88米ドル、為替レートは1ドル110.70円となり、シンガポールケロシン市況価格の円貨換算額が7,957円と円高市況が反映され、申請済みの適用表で燃油価格7,000円以上8,000円未満が適用されるための措置です。

これにより、日本発着の1旅客1区間片道あたりの料金は、北米、ヨーロッパ、中東、オセアニア行きが7,000円、ハワイ、インド、インドネシア行きが4,000円、タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、カンボジア行きが3,000円、ベトナム、フィリピン、グアム、サイパン行きが2,000円、中国、香港、台湾、マカオ行きが1,500円、韓国行きが300円となります。

期日: 2019/04/01 〜 2019/05/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加