川崎重工、BK117D-3を販売開始 セントラルヘリコプターに納入へ | FlyTeam ニュース

川崎重工、BK117D-3を販売開始 セントラルヘリコプターに納入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:H145

H145

川崎重工は2019年3月6日(水)から、エアバスと国際共同開発したBK117ヘリコプターシリーズの最新型、H145/BK117D-3を販売開始します。この機種は日本国内で2020年以降、セントラルヘリコプターサービスへ初めて納入する予定です。

D-3は、現行機のBK117D-2の改良型で、フルフラットフロアを備えた余裕あるキャビンスペース、多用途性に優れた後部の観音開きカーゴドア、高高度でのホバリング性能の向上、低騒音化、最新のアビオニクス搭載によるパイロットの負荷低減などD-2の特長を継承しつつ、最新式で5枚のブレード・メインローターにより、性能を向上させました。

有効搭載重量は約150キログラム増加しており、このうち機体重量を50キロ軽減し、最大全備重量を100キロ増加させています。また、整備が容易な構造の最新式のメインローター・システムの採用で整備期間が短縮されます。

BK117ヘリコプターは、救急医療、消防・防災、警察、報道、人員輸送、物資輸送などで活躍する中型双発機で、1983年の初号機納入以来、川崎重工の納入分は178機、エアバスの納入分をあわせると全世界で1,500機以上の納入を誇るベストセラーです。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加