航空局、テロ防止や警備業務担当の航空保安防災職員を採用 9名程度 | FlyTeam ニュース

航空局、テロ防止や警備業務担当の航空保安防災職員を採用 9名程度

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

国土交通省航空局は、東京空港事務所、那覇空港事務所、鹿児島空港事務所、宮崎空港事務所のいずれかに勤務する航空保安防災職員を募集しています。

国家公務員として採用され、上記空港で1年程度の実務経験の後、国が管理する空港、国土交通省航空局、地方航空局、長崎の空港保安防災教育訓練センターへ配属されます。採用人数は9名程度で、採用予定日は2019年10月1日(火)です。

業務内容は、ハイジャック、テロなどの防止対策業務、空港制限区域等の警備業務、航空機事故などの消火救難業務について企画・立案業務、請負事業者の指導監督などを担います。羽田空港では、直接消火救難業務にも従事します。

応募資格は、高卒以上の学歴、または高卒と同等と認められる方で、第一種大型免許を取得している方です。第一次試験の受験会場は東京が羽田空港の東京空港事務所、大阪が航空保安大学校です。

応募は、写真貼付の履歴書と第一種大型免許の写しの郵送により受け付けており、2019年5月22日(水)必着です。

期日: 2019/05/22まで
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加