動物検疫所、海外からの肉製品の違法な持込への対応を厳格化 | FlyTeam ニュース

動物検疫所、海外からの肉製品の違法な持込への対応を厳格化

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

動物検疫所は2019年4月22日(月)から、海外からの肉製品の違法な持込みに対する対応を厳格化しています。羽田空港を始め、各空港でもこの対応に関してウェブサイトなどで通知しています。

現在、多くの国で口蹄疫やアフリカ豚コレラなどの家畜の病気が発生していることを考慮した対応で、任意放棄の有無にかかわらず、手荷物の中に輸入申告のない肉製品などの畜産物が確認された場合、罰則の対象になり、家畜伝染病予防法により、3年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。おみやげや個人消費用の畜産物は検査証明書の取得が難しいことから、肉製品や動物由来製品のほとんどは、日本へ持ち込むことができません。

対象となるのは、牛、豚、山羊、羊、鹿など偶蹄類の動物、馬、家きん、犬、兎、みつばち由来の肉・臓器、卵、骨、脂肪、血液、皮、毛、羽、角、蹄、腱、生乳、精液、受精卵、未受精卵、ふん、尿、携帯品を除く乳製品、穀物のわら、飼料用の乾草です。革のバッグ、羊毛のセーターなどの完成品は対象外となります。

生、冷蔵、冷凍、加熱調理済みの加工品など、いかなる形態のものでも動物検疫の対象で、ジャーキー、ハム、ソーセージ、ベーコン、肉まんなども含まれます。ハワイ、グアム、サイパンを含むアメリカ、カナダで販売されているビーフジャーキーなどの牛肉加工製品は、牛肉の輸入再開後も引き続き輸入停止となっています。

日本に持ち込むことができる製品であっても、動物検疫所の検査を受ける前に開封した場合には持ち込みができなくなるほか、輸入検査の手続きでパスポートや搭乗券の情報を記録するため、検査に時間を要する場合があることを、利用者に向けて注意を呼びかけています。

期日: 2019/04/22から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加