掃海母艦「うらが」、6月1日に門司港で一般公開 10時から16時まで | FlyTeam ニュース

掃海母艦「うらが」、6月1日に門司港で一般公開 10時から16時まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:掃海母艦「うらが(MST-463)」一般公開

掃海母艦「うらが(MST-463)」一般公開

海上自衛隊は2019年6月1日(土)、掃海母艦「うらが(MST-463)」を門司港で一般公開します。会場は北九州港西海岸地区門司2号岸壁で、時間は10時から16時までです。

掃海母艦は、機雷を爆発処分する掃海艇に対し、補給支援や機雷敷設、掃海隊群の旗艦として指揮通信能力を備えた艦艇です。搭載機はないものの、着艦スペースが設けられており、MH-53Eに対する着艦、補給設備が備えられています。「うらが」は、東日本大震災の災害派遣活動で行方不明者の捜索救助活動、被災者の生活支援活動に従事したこともあります。

なお、一般公開の受付終了は15時30分となります。また、任務や天候状況で一般公開が中止する場合があります。

期日: 2019/06/01
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加