アラスカ航空、2019年も恒例のアラスカ産「サーモン」を初輸送 | FlyTeam ニュース

アラスカ航空、2019年も恒例のアラスカ産「サーモン」を初輸送

ニュース画像 1枚目:コッパーリバーサーモンの初荷
コッパーリバーサーモンの初荷

アラスカ航空の貨物部門、アラスカ航空カーゴは2019年5月17日(金)、2019年初となるアラスカ産のコッパーリバーサーモン(Copper River Salmon)をシアトルへ輸送しました。

朝6時30分着の貨物便では1万8,000ポンドの新鮮なサーモンがシアトル・タコマ国際空港に到着し、昼までには5万ポンドのサーモンが輸送され、シーフード好きな人々に季節の幕開けを知らせました。

アラスカ航空は、生鮮品を扱う従業員は年次研修の受講が必須となっており、コールドチェーン作業により、魚類をアメリカ国内のスーパーやレストランに新鮮なまま輸送しています。

2018年は8万5,000ポンド以上のサーモンを含む、1,400万ポンドのアラスカのシーフードをアメリカ国内、さらに以遠へ輸送しています。

期日: 2019/05/17から
メニューを開く