エールフランス航空、9機目の787-9を受領 関西線にも投入中 | FlyTeam ニュース

エールフランス航空、9機目の787-9を受領 関西線にも投入中

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:787-9 「F-HRBI」

787-9 「F-HRBI」

エールフランスは2019年5月18日(土)、同社9機目の787-9、機体記号(レジ)「F-HRBI」を受領しました。8機目を4月24日に受領しており、その1カ月以内での新造機の受領で、夏スケジュールの強化に取り組みます。新機材は、エールフランス-KLMグループとして22機目の787で、エールフランスは保有機の更新を進めています。

2019年夏スケジュール期間、エールフランスの787は、アビジャン、バマコ、バンコク、ボゴタ、コナクリ、デトロイト、フリータウン、リーブルヴィル、ミネアポリス、ナイロビ、ニューヨーク・JFK、ヌアクショット、関西、パナマシティ線の14路線に投入されています。

エールフランスの787は、ビジネス30席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー225席です。機内Wi-Fiが提供され、空気圧や湿度も快適性が高められた機材で、燃料消費量も以前の機材と比べ20%少なく、騒音レベルも低減された環境に優しい機材でもあります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加