日本トランスオーシャン、羽田/宮古島線の機長からアルコール検出で欠航 | FlyTeam ニュース

日本トランスオーシャン、羽田/宮古島線の機長からアルコール検出で欠航

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

日本トランスオーシャン航空(JTA)は2019年6月8日(土)、羽田発宮古行きJTA21便に乗務予定の機長から、乗務前のアルコール検査で基定値を超えるアルコール濃度が検知されたと発表しました。当該便は代替要員を手配できず、JTA21便と後続の宮古発那覇行きJTA556便を欠航しています。これにより、JTA21便の乗客164名とJTA556便の乗客117名に影響が出ました。

JALグループでは一連の飲酒対策を講じているにもかかわらず、このような事例を発生させたことについて陳謝するとともに、重く受け止め、再発防止に向けた取り組みを徹底する方針です。

なお、本人への確認によると、前日の6月7日(金)の外食時に13時から17時30分までビール中ジョッキ2杯、日本酒およそ4合を飲酒したと証言していますが、JTAは引き続き調査を継続します。

期日: 2019/06/08
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加