マレーシア航空、8月に成田/クアラルンプール線でA380を投入

マレーシア航空、8月に成田/クアラルンプール線でA380を投入

ニュース画像 1枚目:マレーシア航空 A380
マレーシア航空 A380

マレーシア航空は2019年8月、成田/クアラルンプール線にA380を期間限定で導入します。A380での運航は、クアラルンプール発23時30分、成田着翌7時40分のMH88便が8月9日(金)から8月17日(土)まで、成田発10時20分、クアラルンプール着16時45分のNH89便は8月10日(土)から8月18日(日)です。

A380は、エコノミークラスが407席、ビジネスクラスが66席、ビジネス・スイートが8席の計481席で、ビジネスクラスは約188センチのフルフラットベッド、ビジネス・スイートは約226センチのフルフラットベッドが搭載されています。

成田/クアラルンプール線のMH88便とNH89便は現在、A350-900でデイリー運航しています。

期日: 2019/08/09 〜 2019/08/18
ニュースURL
メニューを開く