エアロ・ロジック、被災地支援物資を成田に輸送 | FlyTeam ニュース

エアロ・ロジック、被災地支援物資を成田に輸送

ディー・エイチ・エル(DHL)とルフトハンザカーゴは2011年4月4日、欧州委員会(EU)の日本への救援物資を無償輸送した。2社が共同出資するエアロ・ロジックが成田へフライトし、地上で被災地への輸送をDHLジャパンが担当した。

貨物機に搭載した支援物資は、ハンガリー、スロバキア、スウェーデンから集められた約30トン分の缶詰、テント、毛布、寝袋、衣類など。この物資は宮城県庁、日本ハビタット協会に届けられたという。

DHLでは地震発生直後から、輸送体制の正常化、一刻も早い救援と復旧支援のため被災地救援活動に着手。リージョナルハブの香港、シンガポールで救援物資を調達、成田、名古屋へ輸送している。

メニューを開く