ANA、スカイトラックスで2部門受賞 空港サービスとビジネス機内食 | FlyTeam ニュース

ANA、スカイトラックスで2部門受賞 空港サービスとビジネス機内食

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:スカイトラックスで表彰

スカイトラックスで表彰

  • ニュース画像 2枚目:ビジネスクラス洋食メニュー
  • ニュース画像 3枚目:ビジネスクラス コンチネンタルブレックファースト

全日空(ANA)を含むANAグループは2019年6月19日(水)、スカイトラックスによる「ワールド・エアライン・アワード(World Airline Awards)」で2部門を受賞しました。

受賞部門は、空港サービス全般を評価する「World's Best Airport Services」と、国際線ビジネスクラスの機内食を評価する「Best Business Class Onboard Catering」です。

ワールド・エアライン・アワードは、世界中の搭乗客によるオンライン形式のアンケートなどから決定されています。「World's Best Airport Services」は2017年に続き7度目の受賞で、日本をはじめ、世界の就航地空港におけるANAスタッフのサービス品質の高さが評価されました。ANAグループでは、羽田、新千歳、福岡の各空港に自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」を導入、伊丹、福岡、那覇空港のANA国内線ラウンジをリニューアルし、羽田空港国際線ターミナルのANAラウンジの営業時間を拡大するなどの取り組みを行っています。

「Best Business Class Onboard Catering」では、有名シェフ・レストランとANAシェフチームがコラボした「THE CONNOISSEURS(ザ・コノシュアーズ)」や、洋食コースメニューの充実、バラエティ豊かな朝食メニューを用意するなどの施策が評価されました。

ANAはスカイトラックスによる「5スター」に7年連続で認定されており、引き続き安全第一に高品質な空の旅を提供する方針です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加