フジドリームエア、岩手県とネーミングライツ契約を継続 ゴールド機で | FlyTeam ニュース

フジドリームエア、岩手県とネーミングライツ契約を継続 ゴールド機で

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:「黄金の國、いわて。」号と機内PR

「黄金の國、いわて。」号と機内PR

フジドリームエアラインズ(FDA)は2019年7月12日(金)、岩手県とのネーミングライツ契約を継続し、2019年度もゴールドの9号機を「黄金の國、いわて。」号として運航します。このネーミングライツは、「黄金の國、いわて。」をキャッチフレーズに定め、情報発信に取り組む岩手県の要望を受け、2016年5月21日(土)から運航しています。

4年目となる2019年度の取り組みは、機体のマーキングに加え、機内ヘッドレストカバーや機内誌に「三陸防災復興プロジェクト2019」や「ラグビーワールドカップ2019」、「KOUGEI EXPO IN IWATE」の広告を掲出し、岩手県内で開催される主要イベントが機内でPRされます。

FDAは今後も岩手県と連携し、名古屋小牧/花巻線の利用促進に取り組む方針です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加