日本の航空機登録、6月は日本初のA350など10機 | FlyTeam ニュース

日本の航空機登録、6月は日本初のA350など10機

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:JAL A 350-900初号機

JAL A 350-900初号機

国土交通省航空局は、2019年6月に新規登録、予約登録された航空機をとりまとめました。6月は新規登録が10機、予約登録が7機でした。

日本航空(JAL)が日本初のA350、機体番号(レジ)「JA01XJ」を新規に登録したほか、ANAが777Fの2機目「JA772F」を登録しました。スカイマークは737-800「JA73AC」を、ピーチはA320-214「JA827P」を、フジドリームエアラインズはERJ-175「JA14FJ」をそれぞれ新規登録しています。

このほか、丸紅エアロスペースがHA-420 HondJetを3機、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンが海上保安庁向けのEC225LPを1機、登録しました。

予約登録では、フジドリームエアラインズの新機材とみられる「JA15FJ」、「JA16FJ」が登録されています。6月に新規登録、予約登録された機体は下記の通りです。

■2019年6月の新規・予約登録機
登録日レジ番号航空会社機種製造番号
6/6JA01HJ丸紅エアロスペースHA-42042000133
JA10HJ42000153
6/7JA827PFGL Peach No.6LeasingA320-2148986
6/11JA772FANAホールディングス777F65757
6/12JA01XJ日本航空A350-941321
6/18JA22HB個人L-13 Blaník26639
JA86GR丸紅エアロスペースHA-42042000157
JA14FJ鈴與ERJ170-200STD17000805
6/21JA693AABHジャパンEC225LP3006
6/27JA73ACSky・Blossom3737-80063410

<予約登録機>
JA02NA、JA121B、JA35RQ、JA26CA、JA15FJ、JA16FJ、JA215H

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加