JAL、ヘルシンキ空港でフィンエアーラウンジの提供再開 | FlyTeam ニュース

JAL、ヘルシンキ空港でフィンエアーラウンジの提供再開

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ラウンジ イメージ

ラウンジ イメージ

日本航空(JAL)は2019年7月22日(月)から、ヘルシンキ発成田行きJAL414便搭乗者に、ヘルシンキ空港のシェンゲン協定非加盟国エリアに設けられているフィンエアーラウンジの提供を開始しました。

このラウンジは、6月1日(土)より改修が行われていましたが、リニューアルオープンし、これまでの「Finnair Premium Lounge」から「Finnair Platinum Wing」と名称も新しくなっています。155席が用意されており、ビュッフェ、アラカルト料理の注文、バーカウンター、サウナ施設などを利用できます。営業時間は5時30分から0時までです。

成田/ヘルシンキ線はデイリー運航しており、成田発JAL413便が10時40分、ヘルシンキ着14時50分、ヘルシンキ発JAL414便が17時35分、成田着が翌9時5分です。

期日: 2019/07/22から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加