第二管区のベル206Bが新天地へ、文字やS字マークを消して運搬 | FlyTeam ニュース

第二管区のベル206Bが新天地へ、文字やS字マークを消して運搬

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ベル206B 「おおるり」

ベル206B 「おおるり」

海上保安庁は2019年7月2日(火)と7月22日(月)、3月に仙台航空基地で解役したベル206Bが業者へ引渡され、搬出された様子を公開しています。

7月2日(火)には機体番号(レジ)「JA6176」のSH176、7月22日(月)には「JA6177」のSH177、「JA6082」のSH082がトラックに搭載され、搬出されています。海上保安庁の機体と誤認されないよう、文字やS字マークなどの塗装を消して、トラックで運搬されました。

「JA6176」のベル206B、「おおるり」は3月20日(水)に、最後の訓練飛行を実施しています。飛行コースは仙台航空基地を離陸し、海岸線を北上、「震災遺構 荒浜小学校」上空を2回程度旋回飛行し、海岸線を南下、「岩沼市千年希望の丘」上空を通過の後、仙台航空基地でタッチアンドゴー訓練を実施しています。

期日: 2019/07/02 〜 2019/07/22
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加