成田空港、消費税率改正で10月から旅客保安サービス料などで新料金 | FlyTeam ニュース

成田空港、消費税率改正で10月から旅客保安サービス料などで新料金

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃
ニュース画像 1枚目:成田空港 ターミナル1

成田空港 ターミナル1

成田国際空港(NAA)は消費税率引上げに伴い、2019年10月1日(火)から旅客サービス施設使用料や有料ラウンジなどで、新料金を適用します。

このうち航空運賃と併せて支払う、旅客サービス施設使用料(PSFC)と旅客保安サービス料(PSSC)は10月1日(火)以降の発券分から新料金が適用されます。国際線のPSFCは、第1、第2ターミナルでの出国は大人2,090円のところ2,130円に、乗継が1,050円のところ1,060円に、第3ターミナルでは出国1,020円が1,040円に、乗継510円が520円などに変更となります。また、国際線のPSSCは、出国・乗継ともに全ターミナル共通で、520円のところ530円に改定されます。10月1日(火)より前に発券する場合は、現行料金が適用されます。

このほか、団体待合室、有料ラウンジ、シャワールーム、仮眠室、駐車場利用も10月1日(火)利用分から新料金が適用されます。なお、駐車場は2019年10月1日(火)0時以降の入庫から新料金が適用され、それ以前に入庫した場合は利用時間に関わらず現行料金が適用されます。各諸料金の詳細は、成田国際空港(NAA)のウェブサイトに掲載されています。

※当初、配信した国際線乗継のPSFCに誤りがありました。修正し、再度、公開しています。お読みいただいた皆さま、関係者にはご迷惑をおかけいたしました。(2019-08-13 12:22)

期日: 2019/10/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加