フジドリームエアラインズ、2019年お盆期間の利用率は83.9% | FlyTeam ニュース

フジドリームエアラインズ、2019年お盆期間の利用率は83.9%

ニュース画像 1枚目:フジドリームエアラインズ
フジドリームエアラインズ

フジドリームエアラインズは、2019年8月9日(金)から8月18日(日)までのお盆期間の利用実績を発表しました。

これによると、提供座席数は前年比96.8%の5万9,768席、旅客数は95.2%の5万168人で、利用率は前年比1.5ポイント減の83.9%でした。

このうち、名古屋小牧発着路線は提供座席数が3万4,972席、旅客数2万8,810人、利用率は前年対比1.9ポイント減の82.4%となりました。静岡発着路線は提供座席数1万4,112席、旅客数1万1,639人、搭乗率は前年対比2.4ポイント減の82.5%、松本発着路線は提供座席数6,148席、旅客数5,470人、搭乗率は前年対比0.8ポイント減の89.0%です。

路線別の利用率では、山形/新千歳線が94.2%と最も高く、次いで新潟/福岡線が93.8%、仙台/出雲線が92.9%と続きました。

期日: 2019/08/09 〜 2019/08/18
メニューを開く