伊丹空港、8月24日の「いたみ花火大会」で展望デッキ入場制限の可能性 | FlyTeam ニュース

伊丹空港、8月24日の「いたみ花火大会」で展望デッキ入場制限の可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:第39回いたみ花火大会

第39回いたみ花火大会

大阪国際(伊丹)空港は、2018年8月24日(土)の「いたみ花火大会」の開催に伴い、屋上展望デッキの混雑が予想されることから注意を喚起しています。

伊丹空港は花火大会当日、屋上展望デッキへ来場者が多くなった場合、事故防止のため、屋上展望デッキの入場制限を実施する場合があるとしています。また、一脚、三脚、脚立の持ち込みは控えるよう促しています。

「第39回いたみ花火大会」は8月24日(土)の19時30分から20時30分に開催され、「いたみめぐり」をテーマにした様々な花火や、恒例の伊丹名物「黄金しだれ柳の重ね咲き」などを楽しむことができます。打上数は3,500発で、来場者数は約7万人が予想されています。

期日: 2019/08/24
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加