エア・アスタナ、モスクワ利用空港をドモジェドヴォ空港に変更へ

エア・アスタナ、モスクワ利用空港をドモジェドヴォ空港に変更へ

ニュース画像 1枚目:ドモジェドヴォ空港
ドモジェドヴォ空港

カザフスタンのエア・アスタナは2019年10月27日(日)から、カザフスタン発着で運航するモスクワ線において、モスクワ発着空港をシェレメーチエヴォ国際空港からドモジェドヴォ空港に移行します。

7月に発表した、ドモジェドヴォ空港を拠点とするS7航空とのコードシェア契約に伴う変更です。モスクワ南部に位置するドモジェドヴォ空港では、航空会社50社が202都市へ定期便を運航しており、空港からモスクワ中心部へは高速鉄道で約40分で接続できます。

エア・アスタナは2002年9月から、アルマトイ、ヌルスルタン発着のモスクワ線に就航し、これまで350万人以上、貨物2万6,000トン以上を輸送しています。2019年夏スケジュールでは、ヌルスルタン/モスクワ線を週12便、アルマトイ/モスクワ線を週16便で運航しています。2019/2020年冬スケジュールでは、ヌルスルタン/モスクワ線で週11便、アルマトイ/モスクワ線を週14便運航します。

期日: 2019/10/27から
この記事に関連するニュース
メニューを開く