ANA HD、遠隔で部活動に参加するアバターロボット実証実験を実施 | FlyTeam ニュース

ANA HD、遠隔で部活動に参加するアバターロボット実証実験を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ANAホールディングス(ANA HD)は2019年9月12日(木)、大分大学医学部附属病院の協力のもと、ANAグループが描く瞬間移動手段「アバター」を活用し、遠隔で部活動に参加する実証実験を開始すると発表しました。

この実証実験は、病気による長期入院で友人や学校とのつながりを絶たれた生徒を対象に、生徒の体調などを考慮して実施されます。仲間と交流することで復学への不安軽減や、好きな活動に没頭する時間を作り、入院中のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上への寄与をめざします。

ANA HDと大分大学医学部附属病院、大分県の3者は、疾患を抱える子供たちに治療による制約を超え、つながる未来の実現に取り組みます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加