サウディア・カーゴ、アフリカとヨーロッパにおけるプレゼンスを拡大 | FlyTeam ニュース

サウディア・カーゴ、アフリカとヨーロッパにおけるプレゼンスを拡大

ニュース画像 1枚目:サウディア・カーゴの路線
サウディア・カーゴの路線

サウディア・カーゴは2019年9月、アフリカとヨーロッパにおけるプレゼンス拡大を発表しました。9月からの繁忙期にサウディア旅客便で積載量を増加させるとともに、新たに貨物便を追加し、サービスを拡充します。

ニューヨーク・JFKへは2便目のウィークリー便を追加し、火、木の週2便を運航します。リエージュ(ベルギー)経由運航で、機材は747-400Fを使用します。また、ナイロビへ週4便を追加し、計週11便体制となり、ケニア/ヨーロッパ間における最大の貨物サービス提供業者となっています。このほか、ハルツーム(スーダン)線も増便し、777Fで運航しています。

サウディア・カーゴは6月に、アテネ、マラケシュに新たに拠点を開設することを発表するなど、航空貨物の需要の増加に対応するため、世界におけるプレゼンスの強化と物流能力の向上を目指しています。

メニューを開く