消防庁、全国6箇所で「緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練」を実施 | FlyTeam ニュース

消防庁、全国6箇所で「緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練」を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:東京消防庁 AS365N3

東京消防庁 AS365N3

総務省消防庁は2019年10月15日(火)、「令和元年度緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練」について、実施日などの詳細を発表しました。消防庁では1996年度から、全国を6ブロックに分け、緊急消防援助隊の消火・救助技術や指揮・連携活動能力などの向上を図るため、緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練を実施しています。

2019年度は10月から12月にかけて、全国6箇所で実施されます。このうち、関東ブロックでは、自衛隊の航空機を活用した緊急消防援助隊の車両・人員の輸送訓練が実施される予定です。また、近畿ブロックでは、自衛隊の回転翼機を活用した孤立地域への部隊投入訓練、九州ブロックでは、民間団体と連携し、ドローンを活用した情報収集を予定しています。

参加人数は全ブロック合計で、約4,000名の緊急消防援助隊が参加します。このほか、消防団約660名、警察、自衛隊、海上保安庁、DMATなどの実動機関から合計約1,520名が参加する予定です。

緊急消防援助隊は、阪神・淡路大震災を教訓に1995年6月に創設され、東日本大震災、熊本地震、九州北部豪雨、北海道胆振東部地震など、24年間で計39の災害に出動しています。

■令和元年度緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練
 実施日・実施場所 
<北海道東北> 
期間:10月28日(月)~ 10月29日(火) 
メイン会場:新潟県上越市
<関東>
期間:11月17日(日)~ 11月18日(月)
メイン会場:千葉県市原市
<中部>
期間:11月1日(金)~ 11月2日(土) 
メイン会場:福井県大野市
<近畿>
期間:10月26日(土)~ 10月27日(日) 
メイン会場:三重県松阪市
<中国・四国>
期間:11月30日(土)~ 12月1日(日)
メイン会場:高知県須崎市
<九州>
期間:11月9日(土)~ 11月10日(日) 
メイン会場:宮崎県西諸県郡高原町
期日: 2019/10/26 〜 2019/12/01
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加