アエロメヒコ航空、12月以降発券分の燃油サーチャージを据え置き | FlyTeam ニュース

アエロメヒコ航空、12月以降発券分の燃油サーチャージを据え置き

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃
ニュース画像 1枚目:FlySwimmerさんの航空フォト

FlySwimmerさんの航空フォト

アエロメヒコ航空は、2019年12月1日(日)以降発券分の日本/メキシコ間の燃油サーチャージ額を発表しました。

これによると、日本発メキシコ行き航空券の燃油サーチャージは、12月以降も11月末までと同額の片道10,500円です。シンガポールケロシン価格の2カ月平均が1バレルあたり8,000円以上9,000円未満となったため、適用表に従い、据え置きとなります。また、メキシコ発日本行きの燃油サーチャージも11月末までと同額で、片道86米ドルが徴収されます。

アエロメヒコ航空はシンガポールケロシン市況の変動にあわせて、燃油サーチャージ額の見直しを2カ月ごとに実施しており、2020年2月以降の燃油サーチャージは、10月と11月の平均価格で決定されます。

期日: 2019/12/01 〜 2020/01/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加