ブリスベン空港、国内線ターミナルにフードコートをオープン | FlyTeam ニュース

ブリスベン空港、国内線ターミナルにフードコートをオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:Food Collective

Food Collective

ブリスベン空港は2019年11月29日(金)、国内線ターミナルにインターナショナル・フードコートエリア「Food Collective」をオープンしました。

4,000万ドルをかけた国内線ターミナルの改修計画の一環で、現地のファーマーズマーケットなどを参考にした空間デザインを採り入れ、アジア料理からメキシコ料理、洋食など、様々な料理の選択肢を提供します。

オーストラリアのハンバーガーショップ「Ze Pickle」、アジアのラーメンを提供する「Nippon Ramen」、メキシコ料理の「Mi Casa」、寿司や刺身などの日本料理を提供する「Yo! Sushi」、サンドイッチやベーグルなどを提要するニューヨークをコンセプトとした「Upper West Side Deli」などがオープンしています。

■The Food Collective
期日: 2019/11/29から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加