SLT、空飛ぶクルマ開発で大阪ものづくりコワーキングと提携 | FlyTeam ニュース

SLT、空飛ぶクルマ開発で大阪ものづくりコワーキングと提携

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:オフィス イメージ

オフィス イメージ

  • ニュース画像 2枚目:オフィス イメージ
  • ニュース画像 2枚目:スカイリンクテクノロジーズの開発機イメージ

空飛ぶクルマの開発ベンチャー企業、スカイリンクテクノロジーズ(SLT)は2019年11月29日(金)、ものづくりコワーキング「The DECK」のインカインドパートナーとして提携しました。

「The DECK」は、一般的なコワーキングスペースと違い、ものづくりのためのファブリケーションスペースがあり、レーザーカッターや3Dプリンター、CNC切削機など、さまざまな機材が用意されています。この開発環境を利用することで、大阪市、神戸市の複数拠点で開発を進められるようになるため、新たにメンバーを募集しています。募集は、構造設計から航空機組み立てに至るまでの各作業の担当、輸送用車両運転、パイロット、整備士、航空機運用管理、販促プロモーション、技術翻訳、法律、知的財産など多岐にわたります。

SLTは、空飛ぶクルマの機体開発を通して、日本の航空業界の発展に貢献する企業です。現在は、検証のための無人飛行のテスト機開発を進めており、2025年開催予定の大阪万博で、有人飛行可能な垂直離陸機(VTOL)の出展をめざして開発を進めています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加