運輸審議会、混雑空港運航許可申請に答申 18社全てに許可が適当 | FlyTeam ニュース

運輸審議会、混雑空港運航許可申請に答申 18社全てに許可が適当

ニュース画像 1枚目:羽田空港 イメージ
羽田空港 イメージ

運輸審議会は2019年12月19日(木)、11月19日(火)付けで国土交通大臣から諮問された「本邦航空運送事業者18事業者からの混雑空港運航許可申請」に関して、許可することが適当との結論を答申しました。

対象は成田、羽田、関西、伊丹、福岡の5空港の発着分で、日本航空(JAL)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、ジェイ・エア、日本エアコミューター(JAC)、全日空(ANA)、ANAウイングス、スカイマーク、AIRDO、ソラシドエア、スターフライヤー、ピーチ、ジェットスター・ジャパン、春秋航空日本、アイベックスエアラインズ、天草エアライン、フジドリームエアラインズ、オリエンタルエアブリッジ、エアアジア・ジャパンの18社が申請していました。

■申請者、申請空港
日本航空(JAL):成田、羽田、関西、伊丹、福岡
日本トランスオーシャン航空(JTA):羽田、関西、福岡
ジェイ・エア:羽田、関西、伊丹、福岡、
日本エアコミューター(JAC):伊丹、福岡
全日空(ANA):成田、羽田、関西、伊丹、福岡
ANAウイングス:成田、羽田、関西、伊丹、福岡
スカイマーク:成田、羽田、福岡
AIRDO:羽田
ソラシドエア:羽田
スターフライヤー:羽田、関西、福岡
ピーチ:成田、関西、福岡
ジェットスター・ジャパン:成田、関西、福岡
春秋航空日本:成田
アイベックスエアラインズ:成田、伊丹、福岡
天草エアライン:伊丹、福岡
フジドリームエアラインズ:福岡
オリエンタルエアブリッジ:福岡
エアアジア・ジャパン:福岡
メニューを開く