スカイマーク、ヴィッセル神戸の天皇杯決勝進出で臨時便 塗装機で運航 | FlyTeam ニュース

スカイマーク、ヴィッセル神戸の天皇杯決勝進出で臨時便 塗装機で運航

ニュース画像 1枚目:FT51ANさんの航空フォト
FT51ANさんの航空フォト

スカイマークは2020年1月1日(水)、神戸発の羽田行き往復の臨時便を運航します。神戸を本拠にするヴィッセル神戸が天皇杯の決勝進出にあわせ、決定しました。

ヴィッセル神戸は12月21日(土)、天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会の準決勝で清水に勝利し、決勝進出を果たしました。ヴィッセル神戸が天皇杯で決勝に進出するのは今回が初めてで、1月1日(水)に東京・新国立競技場で開催される決勝戦を観戦する神戸のファン向けに運航します。

臨時便は、神戸発BC5511便が9時で、羽田には10時10分に到着、決勝戦の試合開始が14時35分で、復路は羽田発BC5512便が20時15分、神戸に21時35分に到着します。この便は、スカイマークの737-800、機体記号(レジ)「JA737X」の特別塗装機「ヴィッセルジェット」を使用する予定です。

対象便の販売開始は、2019年12月27日(金)11時で、ホームページまたは予約センターで受け付けます。往復航空券とあわせ、100名限定で観戦チケットをセットで販売します。こちらは大人1人が税込37,800円、子どもは31,800円で、セット販売はスカイパックツアーズが予約を受け付けます。

■スカイマーク臨時便
BC5511便 神戸 9:00 / 羽田 10:10
BC5512便 羽田 20:15 / 神戸 21:35
期日: 2020/01/01まで
メニューを開く