AWACS飛行訓練を実施する新たなドラゴン・シミュレーター | FlyTeam ニュース

AWACS飛行訓練を実施する新たなドラゴン・シミュレーター

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ドラゴン・シミュレーター

ドラゴン・シミュレーター

アメリカ空軍ティンカー空軍基地の第552航空管制航空団は2020年1月12日(日)、新しいフライトシミュレーターを導入しました。空軍ライフサイクル管理センターで、E-3セントリー(AWACS)のドラゴン・シミュレーターで、操縦するパイロットとフライトエンジニアを訓練を実施します。

ドラゴン・シミュレーターは、1970年代のアナログ技術をデジタルで自動化されたシミュレーターです。これを導入することにより、従来型のフライトシミュレーターを置き換え、保守コストを削減できます。2021年7月には、さらに新しいフルモーションシミュレーターを導入する予定です。

設備更新により、50,000平方フィートを超える新しいトレーニング施設には、AWACS用のドラゴン・フライトデッキシミュレーターとE-3ミッションクルーシミュレーターがネットワーク化され、戦闘中の訓練ができるようになります。AWACS用のシミュレーターの2024年までの維持費を含む総費用は、6,600万ドルになります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加