F-35B、5分で空に復帰 | FlyTeam ニュース

F-35B、5分で空に復帰

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:MWSS-371によるF-35BライトニングIIへ給油

MWSS-371によるF-35BライトニングIIへ給油

アメリカ海兵隊は2020年2月21日(金)、ユマ海兵隊航空基地の第371海兵航空支援師団中隊(MWSS-371)が前方空油地点(FARP)を展開し、戦術航空地上給油システム(TAGRシステム)を使い、F-35BライトニングIIへ5分で給油を終え、空に戻したと発表しました。

MWSS-371が着陸ゾーンにTAGRシステムを設置、着陸した航空機に燃料と武装を補充出来るようにします。TAGRシステムは2018年10月、MWSS-371に配備し、運用を開始しています。これにより、燃料の補給時間を50パーセント短縮することに成功しています。

TAGRシステムは、緊急展開部隊として行動するアメリカ海兵隊にとって、革命的なシステムです。すべての給油コンポーネントが1つのコンパクトなシステムに含まれ、迅速なセットアップを可能にし、作業に必要な人員が従来より半分で対応できます。

期日: 2020/02/21から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加