定期航空協会、国交省にコロナウィルス感染症の影響に対する支援を要望

定期航空協会、国交省にコロナウィルス感染症の影響に対する支援を要望

定期航空協会は2020年3月5日(木)、国土交通省航空局の和田局長に対し、コロナウィルス感染症の影響に対する支援を要望しました。

新型コロナウィルス感染症の発生以降、航空業界では利用者が大幅に減少する中、航空会社は国際線や国内線航空便の運航維持に努めてきましたが、大規模イベントの中止が多数発表されるなど、航空需要の更なる減少で、厳しい状況が続いています。

このことから定期航空協会は、着陸料・停留料などの空港使用料や航空機燃料税など諸税の減免措置拡大、雇用調整助成金制度の要件緩和、U/Lルール適用除外期間の延長、経営への影響を抑えるための緊急融資などの措置を講じるよう求めています。また、航空機内と空港内での感染拡大の防止に必要なマスク、手袋、消毒液など、物品調達支援の要望も提出しています。

期日: 2020/03/05
メニューを開く