スカイマーク、自動チェックイン機でのクレカによる搭乗手続きを終了

スカイマーク、自動チェックイン機でのクレカによる搭乗手続きを終了

ニュース画像 1枚目:スカイマーク 737-800
スカイマーク 737-800

スカイマークは、2020年3月17日(火)をもって、自動チェックイン機でのクレジットカードによる搭乗手続きを終了します。これは、2018年6月の改正割賦販売法施行に伴い、クレジットカード情報をより安全に取り扱うための措置です。

3月18日(水)以降は、クレジットカードで航空券を購入した場合の搭乗手続きは、予約番号、照会番号、チェックイン用バーコードのいずれかを用意して行います。

なお、搭乗手続きは、自動チェックイン機、または空港カウンターで出発時刻の20分前までに済ませ、搭乗口には、出発時刻の15分前までに到着しておく必要があります。自動チェックイン機での受付開始時間は、羽田、新千歳、茨城、名古屋(セントレア)、神戸、福岡、長崎、鹿児島、那覇の各空港では、出発当日の空港カウンターの営業時間開始から、それ以外の空港では出発時刻の2時間前から手続きが可能です。ただし、茨城、長崎、鹿児島空港については、受託手荷物がある場合、出発時刻の2時間前から受付開始となります。

期日: 2020/03/17まで
メニューを開く