海保、那覇と福岡に配備するファルコン2000EXを2機受領

海保、那覇と福岡に配備するファルコン2000EXを2機受領

ニュース画像 1枚目:VEZEL 1500Xさんの航空フォト
© FlyTeam VEZEL 1500Xさん
VEZEL 1500Xさんの航空フォト

国土交通省は2020年2月、海上保安庁が使用する新機材のファルコン2000EX、機体番号(レジ)「JA574A」、「JA575A」の登録を受理しました。航空局への届出では、それぞれ、2月14日(金)、2月28日(金)付けで三井物産エアロスペースから海上保安庁に移転登録されています。

この「JA574A」は那覇航空基地に配備され、ファルコン900の退役に伴う交代で引き続き愛称「ちゅらわし」、「JA575A」は福岡航空基地に配備され、愛称「わかたか」として、それぞれ任務にあたります。

今回、海上保安庁が受領した2機は、三井物産エアロスペースが2019年12月に登録した機体で、2019年秋に受領している「JA572A」、「JA573A」に続き3機目、4機目となります。三井物産エアロスペースは、今回海上保安庁に引き渡された2機に続く5機目「JA576A」を2018年3月に予約登録しています。

この記事に関連するニュース
メニューを開く