ICAOが新たな「緊急時の衝撃防止姿勢」を推奨、4月から変更 | FlyTeam ニュース

ICAOが新たな「緊急時の衝撃防止姿勢」を推奨、4月から変更

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:緊急時の衝撃防止姿勢

緊急時の衝撃防止姿勢

定期航空協会は2020年3月30日(月)、国際民間航空機関(ICAO)から推奨された「緊急時の衝撃防止姿勢」を広く告知、各航空会社もこの広報活動に対応しています。ICAOは、緊急時の衝撃による負傷を最小限にする姿勢について検証と議論を経て、この結果を明らかにしています。

ICAOが推奨する「緊急時の衝撃防止姿勢」は、推奨姿勢を「前傾を取り、顎を引き、頭を前の座席に付ける」、「両手を頭の後ろに置く、もしくは腕を横に降ろし脚につける」です。

また、非推奨姿勢として、「手や交差した腕の上に頭をつけること」、「頭を後ろに傾けること」、「隣席の人を抱きかかえたり、援助すること」、「上半身を直立させること」、「腕、脚を伸ばし前の座席を押すこと」と紹介しています。

なお、今回の発表により4月1日(水)以降、国内の航空会社では国土交通省航空局の指導により、ICAOの推奨に従い、衝撃防止姿勢を変更します。

期日: 2020/04/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加