イギリス空軍タイフーン、北海でアメリカ空軍B-1Bと飛行訓練 | FlyTeam ニュース

イギリス空軍タイフーン、北海でアメリカ空軍B-1Bと飛行訓練

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:護衛するタイフーンと給油するKDC-10、B-1B

護衛するタイフーンと給油するKDC-10、B-1B

イギリス空軍(RAF)は2020年5月20日(水)、ユーロファイター・タイフーンFGRがアメリカ空軍(USAF)のB-1Bランサーと北海上空で飛行訓練を実施したと公表しました。訓練にはスウェーデンと、北大西洋条約機構(NATO)加盟国のオランダとノルウェーも参加しました。

参加した航空機はRAFから、第6飛行隊のタイフーンFGR、ブライズ・ノートン空軍基地のボイジャー、第8飛行隊からE-3Dセントリーが参加しました。USAFから、第28爆撃航空団のB-1B、第100空中給油航空団のKC-135Rストラトタンカー、オランダ空軍(RNLAF)から第334飛行隊のKDC-10、ノルウェー空軍から第332飛行隊のF-35A、スウェーデン空軍のグリペンが参加しています。

訓練は、アメリカのエルスワース空軍基地から北海上空に飛来したB-1Bを、E-3Dが管制し、タイフーンによる護衛と共に空中給油機から給油を受けました。バルト海で護衛をスウェーデン空軍のグリペンに引き継ぎました。B-1Bは初めてスウェーデン上空を飛行し、その後はノルウェー空軍のF-35Aに引き継がれ、オーランド基地の近くを飛行しました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加