京急、「HICity」開業にあわせ、天空橋駅に施設直結の改札口を新設

京急、「HICity」開業にあわせ、天空橋駅に施設直結の改札口を新設

ニュース画像 1枚目:新改札イメージパース
新改札イメージパース

京浜急行電鉄は2020年7月3日(金)、羽田みらい開発と連携し、京急空港線「天空橋」駅直結の大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)」、通称「HICity(エイチ・アイ・シティ)」の開業にあわせ、同駅に施設直結の「HICity口」改札を新設します。

「HICity」は、羽田空港に隣接する大規模複合施設で、羽田みらい開発と大田区が官民連携で開発する、「先端」と「文化」の2つをコア産業とするまちです。モビリティ、健康医療、ロボティクスなどに関する「先端」産業を核とした企業を集積するとともに、日本の食や音楽、観光などを発信します。

「HICity口」は、施設内のメイン導線であるイノベーションコリドーにアプローチしやすいステーションコア地下1階に新設され、6月25日(木)からは、副駅名称「羽田イノベーションシティ/HANEDA INNOVATION CITY」を天空橋駅ホーム内駅看板に掲出します。

また、京急はHICity内に「京急EXイン 羽田イノベーションシティ」を開業する予定で、国内外からの羽田空港利用者に向け、さまざまな宿泊需要に対応する方針です。

期日: 2020/07/03から
この記事に関連するニュース
メニューを開く