オーストリア航空、10月末までのスケジュール発表、前年比40%に回復

オーストリア航空、10月末までのスケジュール発表、前年比40%に回復

ニュース画像 1枚目:オーストリア航空 イメージ
オーストリア航空 イメージ

オーストリア航空は2020年10月末までの夏スケジュールを発表しました。現在の輸送量は前年比で20%程度ですが、8月から9月にかけて多くの路線を追加し、10月末までに40%まで回復させる計画です。

8月から運航再開を予定しているのは上海線で、当初は週1便を運航します。9月以降は、キシナウ、ドニプロペトロウシク、ヤシ、クラーゲンフルト、ライプツィヒ、リヴィウ、リヨン、ニュルンベルク、オデッサ、エレバン線を再開します。

また、9月以降は既存のほぼ全ての路線で輸送量を拡大します。増便または機材の大型化を実施し、例えば、アムステルダム、ブリュッセル、ブカレスト、コペンハーゲン、デュッセルドルフ、フランクフルト、パリ線は9月から1日最大3便に増便となります。10月末までに就航地を60都市以上に回復させる予定です。

メニューを開く