JALとマレーシア航空、共同事業を開始 | FlyTeam ニュース

JALとマレーシア航空、共同事業を開始

ニュース画像 1枚目:マレーシア航空 A350-900
マレーシア航空 A350-900

日本航空(JAL)とマレーシア航空は、2020年7月25日(土)から共同事業を開始します。両社は2019年12月、独占禁止法の適用除外申請の認可を取得しており、日本/マレーシア路線で共同事業を実施します。

共同事業ではまず、成田/クアラルンプール線で両社の便を一体的に運航します。現在はJALとマレーシア航空がそれぞれ週2便ずつですが、共同事業により週4便運航を組み合わせて利用でき、より利便性が向上します。

なお両社は、すべての利用者に安心・安全な空の旅を提供するため、新型コロナウイルスの感染予防対策に取り組んでおり、今後も徹底した感染予防策を講じる方針です。

■運航スケジュール
<7月>
JL723便  成田  11:20 / クアラルンプール  17:45  (月、木)
JL724便  クアラルンプール  22:50 / 成田  7:05(+1)  (火、金)
MH71便  成田  10:15 / クアラルンプール  16:20  (月、木)
MH70便  クアラルンプール  9:15 / 成田  17:25  (水、日)
<8月>
JL723便  成田  11:20 / クアラルンプール  17:45  (水、日)
JL724便  クアラルンプール  22:50 / 成田  7:05(+1)  (火、金)
MH71便  成田  10:15 / クアラルンプール  16:20  (月、木)
MH70便  クアラルンプール  9:15 / 成田  17:25  (水、日)

※当初配信した内容を変更しました。お読みいただいた皆さまにはご迷惑をおかけいたしました。(2020-07-15 12:10)

期日: 2020/07/25から
メニューを開く