ボーイング、オーストラリアの複数の施設で航空機の再塗装を実施 | FlyTeam ニュース

ボーイング、オーストラリアの複数の施設で航空機の再塗装を実施

ボーイングの子会社ボーイング・ディフェンス・オーストラリア(BDA)は2012年7月16日、2ヶ所の施設で再塗装した航空機2機をオーストラリア空軍に納入しました。これは3ヶ月前に、オーストラリア空軍のAP-3CオライオンとC-130Hハーキュリーズなど65機の再塗装を2,000万オーストラリア・ドルで契約したものの最初の2機です。

AP-3Cはニュージーランド・クライストチャーチにあるニュージーランド航空の塗装工場に30日間入り、ペイントが剥がされ補修しながら再塗装されました。

C-130Hはクイーンズランド州タウンズヒルにあるフライング・カラーズ・アビエーションの施設において、3週間で再塗装を終えました。

ボーイングのグローバルなサプライ・チェーンは、あらゆるところで同じレベルのサービスを提供できるとしています。

今月にはアンバレイ基地の防錆施設で、ホーク127練習機の再塗装作業も開始されます。

メニューを開く