吉祥航空、新たなA320neo「B-30FQ」を導入 | FlyTeam ニュース

吉祥航空、新たなA320neo「B-30FQ」を導入

中国の吉祥航空は2020年7月27日(月)、新たなA320neoの機体記号(レジ)「B-30FQ」を導入しました。アヴィエーション・キャピタル・グループ(ACG)とリース契約した機体です。

製造番号(msn)「10035」の「B-30FQ」は、ビジネス8席、エコノミー156席の計164席仕様で、プラット・アンド・ホイットニーのPW1127Gエンジンを2基、搭載しています。今回の導入で、吉祥航空のA320neoは3機となりました。

吉祥航空では現在、A320を40機、A321を27機、787-9を6機、計73機を保有しています。

■吉祥航空 A320neo 機体記号(レジ)
・B-30C9
・B-30CT
・B-30FQ
メニューを開く