ガルーダの日本発着路線、9月もジャカルタ線のみ一部運航

ガルーダの日本発着路線、9月もジャカルタ線のみ一部運航

ニュース画像 1枚目:ガルーダ・インドネシア航空
ガルーダ・インドネシア航空

ガルーダ・インドネシア航空は、2020年9月1日(火)から9月30日(水)までの日本発着路線の運航について、成田、関西発着のデンパサール線を全便運休、羽田、関西発着のジャカルタ線を一部減便します。新型コロナウィルス(COVID-19)の影響に伴う需要動向を踏まえた対応です。

運航は、羽田/ジャカルタ線は、羽田発GA875便が火と金、ジャカルタ発GA874便が日と水の週2便、関西/ジャカルタ線は、関西発GA889便が9月3日(木)以降の木曜日、ジャカルタ発GA888便が9月1日(火)以降の火曜日の週1便のみとなります。

なお、ガルーダ・インドネシア航空は、発券済みで旅行をキャンセルまたは変更したい旅行者に特別対応を実施しています。旅行会社を通じて航空券を購入した場合は旅行会社へ、ガルーダ・インドネシア航空から直接購入した場合は同社の予約課でそれぞれ対応します。また、10月の運航については、関係部署間で調整を行っているため、確定次第、ウェブサイトで案内があります。

期日: 2020/09/01 〜 2020/09/30
この記事に関連するニュース
メニューを開く