スクート、A320ceo旅客機を貨物仕様に変更 | FlyTeam ニュース

スクート、A320ceo旅客機を貨物仕様に変更

ニュース画像 1枚目:外からは貨物仕様と分からないA320ceo
外からは貨物仕様と分からないA320ceo

シンガポール航空グループの格安航空会社(LCC)、スクートは2020年8月22日(土)、A320旅客機の貨物仕様改修機の運航を開始しました。搭載されているシート180席を降ろし、より多くの貨物を搭載可能な空間を確保できるよう改修しました。改修1機目は機体記号(レジ)「9V-TAZ」です。全ての座席を外し、搭載量はこれまでの2倍と、旅客便の減少で高まる貨物の輸送需要に対応します。

改修作業は4日間で、座席の撤去、貨物搭載の基準を満たす機器を搭載しました。貨物を搭載できるエリアの識別カード設置、火災時に対応できる設備を補強し、パイロット2名、客室乗務員2名の計4名で運航が可能です。すべてのパイロットと客室乗務員は、定期的な訓練で客室内の危険性、煙、火災など緊急事態への対応を習得しています。

改修された「9V-TAZ」で運航された初の貨物チャーター便は8月22日(土)、福州からシンガポールに向けて運航しました。8月中にA320ceo旅客機をさらに1機、貨物仕様に変更し、シンガポール民間航空局(CAAS)の認可を経て、正式に貨物便として運航します。

スクートは、787-9旅客機を活用した貨物便を運航していますが、A320ceo貨物仕様に変更し、輸送能力の拡大と多様な輸送ニーズに対応します。これまで、福州、広州、杭州、昆明、武漢、南京、香港、パース、シドニー、台北の10都市とシンガポール間で、スクートは200便以上の貨物チャーター便を運航しています。

メニューを開く