スターフライヤー、世界初のプラネタリウム周遊フライト運航へ

スターフライヤー、世界初のプラネタリウム周遊フライト運航へ

ニュース画像 1枚目:Starlight Flight produced by MEGASTAR
Starlight Flight produced by MEGASTAR

スターフライヤーは2020年10月17日(土)、世界初のプラネタリウム周遊フライト「Starlight Flight produced by MEGASTAR」を運航します。北九州空港を発着し、上空で約90分間のフライト中に九州の夜空や夜景とあわせ、機内でプラネタリウムを満喫できます。機内プラネタリウムの実現にあたり、大平技研のプラネタリム機器「MEGASTAR CLASS」を6台、使用します。

当日は北九州空港を19時に出発、20時45分に到着する予定です。機内ではプラネタリウム上映とあわせ、機外の星を観察しながら、「MEGASTAR CLASS」開発に携わったプラネタリウム・クリエーター、大平貴之さんの星空解説が企画されています。

さらに、当日のフライト前は、格納庫内で飛行機を間近に眺め、オープニングセレモニーが開催されます。ウェルカムドリンクの用意、大平さんのトークショー、サイン会などが予定されています。これと合わせ、人数制限が設けられた、バックヤードツアー、フルフライトシミュレーター体験、両方の組み合わせを体験できるオプションも設定されています。

募集は1名から最大3名1組で搭乗できる39組を予定しています。ツアー料金は1組60,000円で、8月28日(金)13時から受け付けを開始します。ただし、応募組数が募集予定数を上回った場合は抽選を実施します。

期日: 2020/08/28 〜 2020/09/09
メニューを開く