エティハド航空、新型コロナウイルス保険を提供開始 | FlyTeam ニュース

エティハド航空、新型コロナウイルス保険を提供開始

ニュース画像 1枚目:機内イメージ
機内イメージ

エティハド航空は2020年9月7日(月)から12月31日(木)までの出発分を対象に、新型コロナウイルス(COVID-19)対応グローバルウェルネス保険の提供を開始しました。旅行中に新型コロナウイルスに感染したと診断された場合、最大15万ユーロ(約1,850万円)の医療費と、1日あたり最大100ユーロ(約1万2,000円)の隔離期間中の費用をエティハド航空が負担します。

保険の申し込みなどは必要ありません。予約した日時に関わらず、対象期間中の航空券すべてに保険が付帯されます。補償対象期間は、搭乗者の母国外へ向かう初便の出発後から31日間、または母国に帰国するまでのいずれか短い期間となります。

この保険は、エティハド航空が取り組んでいる健康・衛生管理プログラム「エティハド・ウェルネス」の一環として提供されるものです。保険を提供することにより、医療費や自己隔離に伴う費用に関する心配を軽減することを目的としています。

なお、中東の航空会社では、エミレーツ航空も同様の保険を提供しています。

円換算 = 123.64円 (2020/09/17 現在)
期日: 2020/09/07 〜 2020/12/31
関連記事
メニューを開く