JAL、「ladies and gentlemen」使用取りやめ | FlyTeam ニュース

JAL、「ladies and gentlemen」使用取りやめ

ニュース画像 1枚目:機内 イメージ
機内 イメージ

日本航空(JAL)は2020年10月から、機内の英語アナウンスで「ladies and gentlemen」のフレーズ使用を取りやめます。

JALはイベント・セミナーへの参加・協賛など、LGBTQの理解促進につながる活動を展開しています。その一環として、性別を前提に多くの乗客への案内時に使用するフレーズを、ジェンダーにとらわれない表現に改善し、すべての人が生きやすい社会への取り組みを進めます。

JALは企業理念に「全社員の物心両面の幸福を追求」を掲げ、多様な人財が活躍できる環境を創造するダイバーシティ経営に取り組んでいます。この一環として、同性パートナー制度を導入しています。社員の配偶者と家族に適用する諸制度を、同性パートナー登録を済ませた社員にも適用する環境を整え、継続的な研修で社内の理解促進を図っています。

さらに、JALは2019年8月に実施したLGBTQの支援、理解促進を目的とした「JAL LGBT ALLYチャーター」について、第6回ジャパン・ツーリズム・アワードを受賞し、LGBTQの理解促進を図る活動が社会から評価されています。

関連記事
メニューを開く