ユナイテッド航空、ハワイ行き旅客にコロナ検査 サンフランシスコ空港で | FlyTeam ニュース

ユナイテッド航空、ハワイ行き旅客にコロナ検査 サンフランシスコ空港で

ニュース画像 1枚目:サンフランシスコ空港でのコロナ迅速検査
サンフランシスコ空港でのコロナ迅速検査

ユナイテッド航空は2020年10月15日(木)から、サンフランシスコ国際空港でハワイ行き利用者向けに新型コロナウイルス検査プログラムを提供します。検査で陰性が証明されると、ハワイでの自主隔離が不要になります。

ハワイ州はコロナ感染拡大防止のため、来訪者に14日間の自主隔離を求める措置を実施しています。これが10月15日(木)から緩和され、渡航前72時間以内の検査で陰性が証明された場合、ハワイ到着後の自主隔離が免除されます。これを受け、ユナイテッド航空はハワイ路線を運航するサンフランシスコ空港で、利用者が事前検査できる仕組みを提供します。

検査は、出発当日に空港内での迅速検査と、事前に郵送される検査キットの2種類です。空港内での迅速検査は国際線ターミナルで実施され、事前にオンライン予約ができ、結果は約15分で判明します。検査エリアは9時から18時まで利用できます。

事前に検査キットを購入、出発の72時間以内に搭乗者自身で検体を採取し、郵送する選択肢も提供します。検査プログラムは今後、他の目的地へのフライトを利用する旅行者や、アメリカ内の他空港にも拡大する方針です。

なお、ユナイテッド航空は現在、サンフランシスコ発着でホノルル、カフルイ(マウイ島)、コナ(ハワイ島)線をデイリーで運航しているほか、10月15日(木)からリフエ(カウアイ島)線の再開や、カフルイ、コナ線の増便を計画しています。

期日: 2020/09/15から
メニューを開く