JAL、北九州空港出発ロビーで福智町の上野焼を展示 | FlyTeam ニュース

JAL、北九州空港出発ロビーで福智町の上野焼を展示

ニュース画像 1枚目:展示の器 イメージ
展示の器 イメージ

日本航空(JAL)は2020年10月1日(木)から10月30日(金)まで、北九州空港2階出発ロビーで福岡県の特産品「上野焼(あがのやき)」を展示します。

上野焼は、約400年の歴史がある茶陶で、国が指定する伝統的工芸品です。他の陶器類と比べて薄く、使用する釉薬の種類が非常に多いのが特徴です。今回の展示に伴い、上野焼協同組合から北九州エアターミナルに上野焼が寄贈されます。

2020年は新型コロナウイルスの影響から、福智町で毎年開催されていた「上野焼秋の窯開き」が中止になりました。このため、福智町の窯元で10月から12月にかけ、「あがのやきde家食・家飲みキャンペーン」を実施します。期間中、対象の窯元で3,000円以上購入し、JMBカードを提示すると記念品がプレゼントされます。

期日: 2020/10/01 〜 2020/10/31
メニューを開く