ANA、旅客機に大気成分の観測機器搭載 JAXAと共同研究 | FlyTeam ニュース

ANA、旅客機に大気成分の観測機器搭載 JAXAと共同研究

ニュース画像 1枚目:観測機器
観測機器

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とANAホールディングスは2020年9月28日(月)、人工衛星と旅客機から都市域の大気成分等の分布を観測する「リモート・センシング」の共同研究を開始すると発表しました。JAXAは、全日空(ANA)の羽田/福岡線に大気成分を観測する観測機器を設置し、旅客機の観測データと衛星データを組み合わせて解析する手法を確立、その有効性を検証します。

今回の共同研究は、地球全体の温室効果ガスの増加を捉えてきた温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の観測技術を応用します。JAXAの観測機器をANAの旅客機内に持ち込み、主要都市の二酸化炭素、二酸化窒素など大気成分の詳細な濃度分布を観測していきます。

都市上空のデータと「いぶき」などの人工衛星が取得したデータを組み合わせ、人工衛星では把握が困難な都市域の人間活動に伴う温室効果ガスの排出量を、交通・産業などの発生源別に評価する狙いです。

さらに将来的に、人の活動に由来する二酸化炭素排出量の7割から8割を占めると考えられている都市域で温室効果ガス排出量削減策の検討、削減効果の評価に役立つデータ提供につなげます。これにより、世界各国に温室効果ガス排出量削減の対策を義務付けたパリ協定へ貢献する仕組みを構築します。

メニューを開く