富山空港、ビジネスジェット駐機スポット拡大 連続駐機も可能に | FlyTeam ニュース

富山空港、ビジネスジェット駐機スポット拡大 連続駐機も可能に

ニュース画像 1枚目:富山空港 スポット
富山空港 スポット

富山県は2020年9月10日(木)から、富山空港におけるビジネスジェットの駐機場所、時間を変更しました。駐機場所のスポットを増やし、連続駐機も可能とするなど利便性を向上させます。

以前はAエプロンのスポット6が大型ビジネスジェット、空港南側のBエプロンのスポット15が国内の中型機の駐機場所でした。新たにスポット11、スポット12を小型から中型のビジネスジェット機の駐機場所とします。これにあわせ、Bエプロンは国内機専用でしたが、国際機も駐機できるようになります。

駐機時間も変更します。これまで、スポット6は国内・国際機ともに受け入れていましたが原則90分で、夜間駐機はできませんでした。また、スポット15は国内機に1週間単位の連続駐機に対応していました。これをいずれのスポット利用でも1週間単位の連続駐機に対応します。ただし、スポット6は空港管理事務所の許可が必要です。

なお、空港管理事務所では、ビジネスジェット利用客の旅程を策定する際、富山県内の観光地、グルメスポットなどを組み込んで欲しいと呼びかけており、情報提供の用意があるとしています。

メニューを開く