ジェットスター、10月国内線さらに減便 減便率58%に | FlyTeam ニュース

ジェットスター、10月国内線さらに減便 減便率58%に

ニュース画像 1枚目:ジェットスター・ジャパン
ジェットスター・ジャパン

ジェットスター・ジャパンは2020年10月1日(木)から10月30日(金)まで、国内線を追加減便します。全23路線中、成田発着の7路線が対象で、減便数は計152便です。今回発表された減便分を含めると、全国内線における減便数は計1,701便で、計画便数2,932便に対する減便率は58.0%となります。

今回、減便が発表されたのは、成田発着の新千歳、関西、福岡、長崎、宮崎、鹿児島、那覇線です。

ジェットスター・ジャパンの国内線の減便数は、6月以降順に2,532便、1,772便、1,133便、1,830便、1,701便で推移しています。減便率では、6月が89.9%、7月が56.7%、8月が33.3%と改善傾向にあったものの、新型コロナウイルスの再拡大局面を受け、9月は57.0%、10月は58.0%と、7月と同レベルに戻っています。

なお、ジェットスター・ジャパンは今後も需要動向を考慮しながら、10月以降の運航計画を変更する可能性があります。

■追加減便の路線
(路線名:対象日、追加減便、減便総数)
成田/新千歳線:10月2日~10月7日、追加10便、計178便
成田/関西線:10月1日~10月7日、追加12便、計114便 
成田/福岡線:10月1日~10月29日、追加40便、計262便
成田/長崎線:10月1日~10月31日、追加28便、計62便
成田/宮崎線:10月3日~10月31日、追加26便、計76便
成田/鹿児島線:10月2日~10月30日、追加26便、計90便
成田/那覇線:10月1日~10月7日、追加10便、計64便
期日: 2020/10/01から
関連記事
メニューを開く